私が試したにきびの治療法

悩みが軽くなった体験

にきび治療はなふさ皮膚科

肌の状態を見て頂く事にしました | 清潔な物で肌に触れさせる | 悩みが軽くなった体験

ファンデーションを選ぶ際も、肌に合うかをまず知るために、テスターを使って試してから、肌が荒れないかどうかを直接自分の肌で確かめてから買う事に。
これらを試した事で、にきびが出来ても回復しやすい肌へと改善する事が出来ました。
真っ先に皮膚科に相談し、アレルギーテスト等をしてもらい治療する事が一番の近道だとは知っては居ましたが、私は皮膚科に通院する勇気が出なかったために、このように自身で出来る範囲からの治療法を試して行きました。
今でも肌に対するコンプレックスはありますが、そこまで神経質に悩まずとも、改善されるのではと思います。
洗顔とスキンケアを中心に、肌に優しい生活を取り入れてみるだけで、世界はがらりと変わりますし、肌が荒れて居てもマスクで隠せば良いのです。
もし、合わないファンデーション等を使ってしまって荒れてしまった。
けれどもお化粧をせずに外に出る勇気が出ない時は、化粧下地とルースパウダーのみ。
この生活を数日間続ける事で、肌へのダメージも軽減され、肌を休める事ができます。
気を付けなければならない事は、化粧下地や、化粧下地込みの乳液を付けた時も、クレンジングも欠かさない事です。
おしろい等と言われ肌に付けたままでも大丈夫。
と言う物であっても、スキンケアとは別物なので、一度クレンジングで落としてあげる事が大切です。
メイクをしたけれども落とす気分になれない時は、メイク落としシートを使うだけでも、メイクをしたまま過ごすより肌に優しい生活になります。
私が試し、悩みが軽くなった体験はこのくらいでしょうか。