私が試したにきびの治療法

肌の状態を見て頂く事にしました

肌の状態を見て頂く事にしました | 清潔な物で肌に触れさせる | 悩みが軽くなった体験

私は10代の思春期の頃から肌荒れに悩まされてきました。
にきびが出来ると鏡を見るのも写真に写るのも辛い。
自分自身の価値が下がったかのように感じて居ました。
真っ先に試したのは化粧で覆い隠す事。
ファンデーション、コンシーラーを使って顔に出来た赤みやにきびその物を覆い隠す生活。
試し始めた頃はお化粧で自分の肌が綺麗になれたと気分も上がり、写真に写るのが楽しくなりました。
しかし、ファンデーションは肌への負担が大きく、更に私は敏感な肌質だったために、化粧を落とすと更ににきびが悪化。
それでも隠すのをやめられない。
ファンデーションを塗っては荒れる日々。
次にスキンケアをにきび用、敏感肌用などに切り替え肌質を改善しようと試みました。
ですが、にきびを治療する薬品の刺激に肌が耐えられずに更に悪化する。
肌が痛くなってしまう。
そこで偶然出会った化粧品メーカーの美容部員の方に、今までの経緯を全て説明して肌の状態を見て頂く事にしました。