エポスカード 海外旅行保険

エポスカードの海外旅行保険|自動付帯で優秀も注意点あり!

 

エポスカードには、海外旅行保険が付帯します。年会費完全無料カードでは、多いサービスではありません。

 

ただし、国内旅行保険は付帯しません。

 

とは言え旅行の都度掛け捨ての保険に入るよりはカンタンで、何しろ無料です。

 

ただ、「これ一枚で全てOK」と考えるには、やや無理な面もあります。

 

ですが、無料のカードにしては十分な保険内容であることは確かです。

 

今回はそんなエポスカードの旅行保険の内容について詳しく解説していきます。

 

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

 

エポスカードの海外旅行保険の内容

エポスカードには、最大2000万円の海外旅行保険が「自動付帯」しています。

 

自動付帯とは、旅行代金の支払いにカードを使ったかにかかわらず、保険が適用となるものです。

 

補償される項目はクレジットカードとして一般的で、無料カードとしてはハイレベルです。

 

エポスカードの保険内容

保険内容

補償額

傷害死亡・後遺障害

最高500万円

傷害治療費用

200万円

疾病治療費用

270万円

賠償責任

2,000万円

救援者費用

100万円

携行品損害

20万円

 

このような内容となっています。

 

では各項目についても簡単に解説します。

 

 

傷害死亡・後遺障害とは?

 

傷害死亡・後遺障害とは、旅行先で病気やケガにより

 

  • 亡くなった場合

または

  • 後遺障害が残った場合

 

のことです。エポスカードでの最大補償額は「500万円」となっています。

 

ちなみに

 

  • 故意によるもの
  • 重大な過失によるもの
  • 戦争によるもの
  • 危険性の高いスポーツによるもの

 

上記のような事例は、保険適用とならないこともあります。

 

 

傷害治療費用とは?

 

傷害治療費用とは、旅行先で治療を行ったときにかかる費用のことです。あくまでも、ケガが対象です。

 

エポスカードでの最大補償額は「200万円」となっています。

 

 

疾病治療費用とは?

 

旅行先で病気の治療を行ったときにかかる費用です。

 

エポスカードでの最大補償額は「270万円」となっています。

 

通常、疾病治療費用は傷害治療費用と同額とするクレジットカードが多いので、エポスカードは異色と言えます。

 

ちなみに一般的には

 

  • 無料カード … 100~200万円
  • ゴールドカード … 300万円

 

といったカードが多いので、エポスカードの疾病治療費用は優秀な方と言えます。

 

注意点として、以下のような状況は保険の対象になりません。※クレジットカードの保険はこのようなものが多いです。

 

  • 元からあった病気の治療
  • 妊娠・出産関係
  • 歯科関連

 

 

賠償責任とは?

 

  • 偶然に、他人の物を壊してしまった
  • 偶然に、他人にケガをさせてしまったりした

 

このような場合に補償がなされます。これを「賠償責任」と言います。

 

エポスカードでの最大補償額は「2000万円」で、各項目の中で最も高くなっています。

 

 

救援者費用とは?

 

旅行先において

 

  • 病気で入院した場合
  • ケガで入院した場合、
  • 船や飛行機が行方不明になった場合

 

このようなケースのとき

 

  • 親族
  • またはその代理人の人

 

が渡航するための費用を「救援者費用」と言います。

 

エポスカードでの最大補償額は「100万円」です。

 

エポスカードの最大補償額は、無料カードの中でもやや低いです。200万円を最大補償するカードもあります。

 

 

携行品損害とは?

 

自分の持ち物を、うっかり壊してしまった場合に補償されます。これを「携行品損害」と言います。

 

エポスカードでの最高補償額は「20万円」です。

 

この携行品損害では、「公権力の行使」というものが除外されます。

 

これはたとえば、泊まっていたホテルで火災が起き、「強制的に部屋に消防士が入ってきた際、持ち物損害が起きた」などのことが該当します。

 

 

 

エポスカードの海外旅行保険だけでは不十分

 

エポスカードの海外旅行保険は、無料カードの中ではかなり良いスペックですし、各種ゴールドカードと比べても、極端に低いものではありません。

 

「死亡・後遺障害」の項目のみを大きく表示するカード会社も多い中で、現実的な

 

  • 「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の最大補償額を高く設定し
  • 「死亡・後遺障害」の最大補償額を抑えている

 

このエポスカードの姿勢は、なかなか良いでしょうね。

 

しかし…

 

 

「疾病治療」の額が「270万円」と高いといっても…?

 

たとえば海外では信じられないような治療費用がかかることもあります。

 

日本の基準で考えていると、時にはその数十倍にもなり、困ってしまうことも。

 

また、医療施設が整っていない地域の場合、別の地域に搬送される費用なども気にかかります。

 

 

救援者費用が「100万円」なのも気になる…

 

単純な話、欧米やアフリカなど渡航費用のかかる土地に向かうなら、こちらの費用総額はかなりのものになります。

 

 

掛け捨ての保険はレベルが違う

 

無料クレジットカードで海外旅行保険が付くとなれば「おトク!」と感じます。

 

しかし、掛け捨ての有料保険では、疾病治療など各項目が「最大補償額:無制限」のものも。

 

やはり「エポスカードだけ」は見劣りします。

 

 

エポスカードに国内旅行保険はつきません。

 

海外旅行前に国内空港近くのホテルに滞在中、事故に遭った」などのケースはカバーできないのです。

 

 

 

代替案:エポスカードと年会費無料で海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを合算させる

エポスカードの海外旅行保険は「無料カード一枚分としては」優秀です。しかしそれだけでは、やはり心もとないと感じても仕方ない構成です。

 

それならば、他のクレジットカードの付帯保険と合せる方法が有効です。「海外旅行保険」が「自動付帯」している無料カードを選ぶと良いでしょう。

 

ということで、いくつかおすすめの無料カードを紹介します。

 

 

横浜インビテーションカード

 

 

横浜インビテーションカードはJACCSが発行しており、年会費は完全無料です。

 

「横浜」にゆかりのない人でも持て、かつ保険が無料カードとしてはトップレベルです。

 

18歳以上(高校生除く)であれば、比較的容易に取得できます。

 

  • VISA
  • JCB

 

2つの国際ブランドがあるので、「エポスカードVisaに加えて、またVISAカードを作るのも、なんだか…」とする人ではJCBを選べます。

 

ポイント還元は、基本的に0.5%ですが

 

  • 年間20万円以上利用:0.73%
  • 年間50万円以上利用:0.78%
  • 年間300万円以上利用:1.05%

 

このようにアップしていくシステムです。

 

しかし、あえてポイントを貯めるというよりは、ズバリ言って保険が魅力の無料カードです。

 

以下のスペックの海外旅行保険が自動付帯します。

 

横浜インビテーションカードの保険内容

保険内容

補償額

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

傷害治療費用

200万円

疾病治療費用

200万円

賠償責任

2,000万円

救援者費用

200万円

携行品損害

20万円

 

このうち、「死亡・後遺障害」以外の項目はエポスカードの海外旅行保険と「合算」され、合算された額が最大補償額となります。

 

たとえば

 

  • エポスカードで強力な疾病治療費用が、さらにアップして「470万円」に
  • エポスカードでやや心もとない救援者費用が、「300万円」に

 

このように、無料で保険の最大補償額を高められるのです。

 

また、横浜インビテーションカードは「国内旅行保険」も付いてきますので、エポスカードの旅行保険が持つ弱い面を補えます。

 

 

レックスカード

 

 

レックスカードも、JACCS発行の無料クレジットカードです。

 

こちらも、横浜インビテーションカードとほぼ同様の内容の海外旅行保険が付帯します。

 

やはり18歳以上(高校生除く)であれば、比較的容易に取得できます。国際ブランドはVISAのみです。

 

還元率の高さが特徴で、「1.25%」が基本となっています。これならばメインカードとして十分使えます。

 

価格.comの利用では「安心支払いサービス」を使うことで「1.5%」となります。

 

レックスカードの保険内容は次の通りです。

 

レックスカードの保険内容

保険内容

補償額

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

傷害治療費用

200万円

疾病治療費用

200万円

賠償責任

2,000万円

救援者費用

200万円

携行品損害

20万円

 

横浜インビテーションカード、レックスカード、そしてエポスカードと三枚を組み合わせると…?

 

  • 救援者費用は最大500万円
  • 疾病治療費用は670万円

 

海外旅行保険は、これほどの額にもなります。しかも、年会費は全て合わせても完全無料なのです。

 

エポスカードのホルダーではなく、JACCSカードのホルダーで「自動付帯保険の額をもう少し増やしたいのだが…」とする人にもエポスカードはおすすめです。

 

 

傷害死亡・後遺障害は合算にならないので注意

 

カード付帯の旅行保険では、以下の二項目は他のカードと合算されません。

 

  • 死亡
  • 後遺障害

 

上記について、それぞれ2000万円、500万円、1000万円の旅行保険が付くカードを持っているのだとすれば、「最大2000万円」となります。

 

 

同じカード会社、「同じ引受保険会社」の場合に注意する

 

組み合わせによりますが、以下の場合、そもそも海外旅行保険が合算されないことがあります。

 

  • カード発行会社が同じである
  • カードの引受保険会社が同じである

 

しかし、

 

  • エポスカード
  • 横浜インビテーションカード
  • レックスカード

 

この場合では問題なく合算されます。

 

引受保険会社はエポスもJACCSも同じ「三井住友海上火災株式会社」ですが、大丈夫です。※電話にて確認しました。

 

 

 

まとめ:エポスカードの旅行保険はおまけ程度と考えましょう

エポスカードの旅行保険は、無料クレジットカード同士で比べたときには、高い数値を誇ります。

 

現実的な項目について、補償額が高いのも良心的です。しかし…

 

  • 海外旅行保険「自動付帯」の無料クレジットカードを組み合わせた場合
  • 別途、掛け捨ての保険に入った場合

 

これらの状況と比べると、エポスカードのみでの海外旅行(特に遠い場所、医療費の高い場所)はやや不安である、とも言えますね。

 

エポスカード最大の魅力は、やはり飲食、アミューズメント、カラオケ、ネットショッピング等での各種「優待特典」に尽きます。

 

とは言え、充実の優待特典に海外旅行保険も自動付帯ですから、お得なカードと言えますね。

 

お得なエポスカードを思う存分、使い倒したいところですね♪