エポスカード 支払い 全額

エポスカードの支払い方法|全額・分割・ボーナス払いなど徹底解説!

 

クレジットカードには色々な種類があり、支払い方法が限定されるものなどもありますが、エポスカードは「支払い方法」について、とてもスタンダードなカードです。

 

ではエポスカードにはどういった支払い方法があるのか?

 

今回の記事ではエポスカードの支払い方法の種類について紹介します。

 

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

エポスカードの支払いの種類

エポスカードではどういった支払い方法があるのか?ということで、エポスカードの支払い方法を以下にまとめてみました。

 

  • 一括払い
  • ボーナス一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

 

では、エポスカードで行える支払い方法を、ひと通り見てみましょう。

 

 

一括払い

 

一括払いはクレジットカードで最も一般的な支払い方法です。金利手数料は全くかかりません。

 

エポスカードの一括払いでは、

 

  • 27日払い
  • 4日払い

 

を選べます。

 

27日払いでは前月28日から今月27日までの利用分を、翌月27日に払います。4日払いでは、前月5日から今月4日までの利用分を、翌月4日に払います。

 

こう書くとわかりにくいので例を出すと、今現在が「9月」だとすれば、「27日払い」の場合、8月28日~9月27日までの利用分を、10月27日に払う、ということです。

 

「4日払い」であるなら、8月5日~9月4日までの利用分を、10月4日に払うこととなります。

 

何らかの事情で、意に沿わないのに「いつでもリボ」に設定してしまっている場合、自動的にリボ払いになってしまいます。

 

その場合はネットまたは電話で、デフォルトを一括払いに変更します。

 

 

<ボーナス一括払い>

 

1-6月に買い物したものについて、7月または8月に払う、7-12月に買い物したものについて、12月または翌1月に払う方法です。

 

すべての買い物をこれで行うというよりは、特に高額な品を買った際などにピンポイントで使うのが有効です。エポスカードで買い物をする際、店頭で申請します。金利手数料はかかりません。

 

誤解している方も多いんですが、実際にボーナスを得ているかどうかは、この支払いを行う上で、全く関係がないことです。

 

 

<分割払い>

 

エポスカードによる分割払いは、「2回払い」と「3-36回払い」に大別されます。2回払いでは、金利手数料はかかりません。3回以上から、手数料が発生します。これは他のカード会社でもほぼ共通して言えることです。

 

3回以上の場合での、手数料は実質年率15.0%です。クレジットカードとしてはごく一般的なものです。

 

注意したいのは、「一括払いした買い物を、あとから、リボ払いに変更できるが、分割払いには変更できない」ということです。店頭で決済するときに「分割払い」を申請します。

 

3回以上の分割払いではポイントが倍になり、200円利用で2ポイント(還元率1%)になります。しかし手数料分を考えると、一括払いや2回払いのほうが結局はお得になります。

 

 

<リボ払い>

 

毎月一定額を支払っていくのが「リボ払い(リボルビング払い)」です。コースは

 

  • 標準コース
  • 長期コース
  • 定額コース

 

の3つがあります。

 

 

標準コース

 

残高(使ったが返していないお金のこと)5万円までなら、月々の支払いは3,000円です。

 

長期コース

 

同じ状況で月々1,000円となります。

 

定額コース

 

残高に関わらず5,000円~20万円の支払いを選べます(5,000円刻みで選択可能)。

 

 

リボ払いを行うには、

 

  • 店頭で申し出る
  • 特定の買い物について、あとから、リボに変更する(ネットか電話でエポスに変更を申し込む)
  • いつでもリボを設定する

 

の3通りの方法があります。

 

「いつでもリボ」に設定すれば、お買い物時の店頭、あるいはネットショピングサイトで「一括払い」を選択したとしても、自動的にリボ払いになります。

 

リボ払いではポイントが2倍になりますが、いかんせん実質年率15%の金利手数料がかかってしまいます。エポスカードをお得に利用したい方では、あまり使わないほうがいい方法でしょう。

 

 

 

エポスカードの支払いは、手数料のかからない方法を

エポスカードで金利手数料のかからない支払い方法は

 

  • 一括払い
  • 2回までの分割払い
  • ボーナス一括払い

 

です。

 

エポスカードで10,000円の買い物をしたとすれば、最低でも50円相当のポイントが付き、優待店などを上手く使えば、かなり得できます。

 

基本のポイント還元率は「0.5%」と特に高くないので、得をしたいのなら、支払い方法による金利手数料発生は避けたいところです。

 

リボ払いや分割払い(3回以上)は、便利ではあっても実質年率15%以上の手数料がかかってしまいますので、「お得さ」を考える人には、あまり向かない支払い方法です。

 

支払い方法が特殊なカードでは、知人・友人などに相談しても解ってもらえないようなところがありますが、エポスカードは支払い方法についてとてもスタンダードです。

 

日常的にクレジットカードを使っている人に、支払い方法について相談したりしやすいのも、大きな利点です。