エポスカード 空港ラウンジ

ゴールド・プラチナ会員限定|エポスカードの空港ラウンジ特典

 

エポスカードの上位カードであるエポスゴールドカード、エポスプラチナカードでは、空港ラウンジ特典が付いてきます。

 

上位カードホルダーだけが空港ラウンジでくつろげる嬉しい特典です。

 

ではこの空港ラウンジ特典はどの空港で使えるのでしょうか?また、どういったサービスが受けられるのでしょうか?

 

もしいつも利用している空港でエポスカードの特典が使えたら、ぜひ使ってみたいですよね。

 

ということで今回は、エポスゴールドカード、プラチナカードの空港ラウンジ特典について詳しく紹介していきます。

 

ぜひ詳細をチェックしてみてください。

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

 

エポスゴールドカード、プラチナカードで利用可能な空港ラウンジ

 

ではエポスゴールドカード、プラチナカードの特典で利用可能な空港ラウンジを紹介します。

 

以下が利用可能な空港ラウンジ一覧です。

 

地域

空港

ラウンジ名

北海道

新千歳空港

スーパーラウンジ

函館空港

ビジネスラウンジ A Spring

東北

仙台空港

ビジネスラウンジ EAST SIDE

関東

羽田空港

AIRPORT LOUNGE、
SKY LOUNGE、SKY LOUNGE ANNEX

成田空港

IASS Executive Lounge

東海

中部国際空港

第2プレミアムラウンジセントレア

北陸

小松空港

スカイラウンジ白山

関西

伊丹空港

カードラウンジ ラウンジオーサカ

関西国際空港

六甲、アネックス六甲、金剛、比叡

神戸空港

ラウンジ神戸

中国

広島空港

ビジネスラウンジ もみじ

四国

松山空港

ビジネスラウンジ、スカイラウンジ

九州

福岡空港

くつろぎのラウンジTIME、ラウンジTIMEインターナショナル

北九州空港

ラウンジひまわり

長崎空港

ビジネスラウンジ アザレア

熊本空港

ラウンジ「ASO」

大分空港

ラウンジ くにさき

鹿児島空港

スカイラウンジ菜の花

沖縄

那覇空港

ラウンジ華

 

 

空港ラウンジごとに利用できるサービス

 

では次に各空港ラウンジで利用できるサービスを紹介します。

 

各空港ラウンジごとに利用できるサービスが異なりますので、チェックしてみてください。

 

空港

サービス内容

新千歳空港

ドリンク(アルコールは有料)、新聞、雑誌、インターネット、コピー(有料)、FAX(有料)、コインマッサージ(有料)、フライト情報、フリースペース

函館空港

ドリンク(アルコールは有料)、フライト情報、テレビ、新聞、雑誌、カード会員会報、インターネット、携帯充電器、ひざ掛け、マッサージ機(有料)

仙台空港

ドリンク、新聞、雑誌、テレビ、インターネット、フライト情報、喫煙室、コピー(有料)、FAX(有料)

羽田空港

国内線…ドリンク(アルコールは有料)、新聞、雑誌、無料Wi-Fi
国際線…ドリンク(アルコールは有料)、フード(有料)、シャワー(有料)、新聞、週刊誌、インターネット、コピー(有料)、コインパソコン(有料)

成田空港

ドリンク(アルコールは1杯目無料)、新聞、週刊誌、インターネット、パソコン貸し出し

中部国際空港

ドリンク(生ビール、ソフトドリンク)、スナック、新聞、雑誌、インターネット

小松空港

ドリンク(アルコールは有料)、おつまみ(有料)、フライト情報、新聞、雑誌、インターネット、コピー(有料)、FAX(有料)

伊丹空港

ドリンク(アルコールは有料)、新聞、雑誌、コピー(有料)、FAX(有料)、パソコン、インターネット

関西国際空港

ドリンク(アルコールは有料)、新聞、雑誌、インターネット

神戸空港

ドリンク、缶ビール(有料)、神戸ワイン(有料)、新聞、雑誌、コピー(有料)、FAX(有料)

広島空港

ドリンク、新聞、雑誌、インターネット、コピー、FAX、パソコン、テレビ、マッサージチェア、リクライニングチェア、テレビリモコン、ヘッドホン、携帯充電器、ブランケット

松山空港

ドリンク、アルコール(有料)、新聞、雑誌、無料Wi-Fi、フライト情報

福岡空港

国内線…フリードリンクまたはアルコール1杯、パソコン、インターネット、コピー(有料)、FAX(有料)、新聞、雑誌
国際線…ドリンク(アルコールは有料)、新聞、雑誌、インターネット

北九州空港

ドリンク(アルコールは有料)、新聞、雑誌、インターネット、個室スペース(有料)

長崎空港

ドリンク、ビール(有料)、おつまみ(有料)、無線LAN、新聞、雑誌、コピー(有料)、FAX(有料)、ロッカー(有料)、携帯充電器

熊本空港

フリードリンク(ソフトドリンク、球磨焼酎)、ビール1本、インターネット、新聞、雑誌、フライト情報、コピー(有料)、FAX(有料)

大分空港

ドリンク、新聞、雑誌、インターネット、コピー(有料)、FAX(有料)、フライト情報、携帯充電器

鹿児島空港

ドリンク、おつまみ、ビール(有料)、パソコン(有料)、インターネット、携帯充電器、新聞、雑誌、コピー(有料)、FAX(有料)、シャワー(有料)、レストブース(有料)

那覇空港

ドリンク(アルコールは有料)

 

 

 

エポスゴールドカード、プラチナカードの空港ラウンジ特典の違い

 

エポスゴールドカードとプラチナカードでは、基本的に同じサービスを受けられます。

 

ただ、違いとしてあるのは同伴者料金です。

 

  • エポスゴールドカード … 同伴者は有料(福岡空港のみ同伴者1名まで無料)
  • エポスプラチナカード … 同伴者1名まで無料

 

このような違いになっています。

 

ちなみに各空港の同伴者料金についてもまとめました。

 

空港

同伴者料金

新千歳空港

1,000円(税抜) ※12歳以下は無料

函館空港

1,030円(税込) ※2歳以下は無料

仙台空港

1時間まで1,080円(税込) ※小学生以下は無料

羽田空港

国内線…1,080円(税込) ※4~12歳は540円(税込)
国際線…1,030円(税込) ※4~12歳は520円(税込)

成田空港

1,000円(税抜) ※4~12歳は500円(税抜)

中部国際空港

1,540円(税込) ※13~17歳は620円(税込)、12歳以下は無料

小松空港

2時間まで1,080円(税込) ※3~11歳までは2時間まで540
円(税込)、2歳以下は無料

伊丹空港

1,320円(税込) ※3~17歳は610円(税込)、2歳以下は無料

関西国際空港

出国手続き後…953円(税抜) ※小学生以下は無料
出国手続き前…1,429円(税抜) ※未就学児は無料

神戸空港

1,030円(税抜) ※2歳以下は無料

広島空港

1,000円(税抜) ※11歳以下は1人無料、2人目以降は500円(税抜)

松山空港

2時間まで1,000円(税抜) ※延長1時間毎に500円(税抜)、2歳以下は無料

福岡空港

1,000円(税抜) ※同伴者1名無料、3~11歳は500円、2歳以下は無料

北九州空港

864円(税込) ※3~11歳は432円(税込)、2歳以下は無料

長崎空港

2時間まで1,000円(税抜) ※4~12歳は2時間まで500円(税抜)、3歳以下は無料

熊本空港

2時間まで1,000円(税抜) ※延長1時間毎に500円(税抜)、3~12歳は2時間まで600円(税抜)(延長1時間毎に300円(税抜))、2歳以下は無料

大分空港

2時間まで1,000円(税抜) ※延長1時間毎に500円(税抜)、3~11歳は2時間まで500円(税抜)(延長1時間毎に250円(税抜))、2歳以下は無料

鹿児島空港

1,000円(税抜) ※3~11歳は1人目無料、2人目以降は500円(税抜)、2歳以下は無料

那覇空港

1,000円(税抜)、3~11歳は250円(税抜)、2歳以下は無料

 

 

 

エポスゴールドカード、プラチナカードを取得するには?

 

エポスゴールドカードとプラチナカードでは空港ラウンジ特典が利用できるということで、特典を利用したい方はこれらのカードを持ってみてはいかがでしょうか?

 

ちなみにエポスゴールドカードとプラチナカードは、どのように発行すればいいのか?

 

ここからはそれぞれのカードの取得条件について紹介していきます。

 

 

エポスゴールドカードの取得条件

 

 

エポスゴールドカードを取得するには以下の2つの方法があります。

 

  • ネットまたはアプリで申し込む
  • エポスカードでインビテーションを待つ

 

おすすめはインビテーションです。その理由は年会費がかからないから。

 

 

申し込み

インビテーション

初年度

5,000円

無料

2年目以降 年間50万円以上の利用で永年無料(それ以外は5,000円)

無料

 

申し込みの場合、年間50万円以上のカード利用があれば、翌年以降の年会費は永年無料です。

 

しかし、初年度年会費5,000円は必ずかかってしまいます。

 

それに対しインビテーションの場合は、年会費が永年無料です。

 

なのでインビテーションを待つことをおすすめします。

 

ではエポスゴールドカードのインビテーションを受けるにはどうすればいいのか?

 

ハッキリしたインビテーションの条件はエポス公式サイトには書かれていません。

 

ただ、目安としてエポスカードの年間利用額が50万円以上の人に、ゴールドカードのインビテーションが来るようです。

 

そこまで厳しい条件ではないですよね。

 

まずはエポスカードを発行して、ゴールドカードのインビテーションを待ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

エポスプラチナカードの取得条件

 

 

エポスプラチナカードを取得するには以下の2つのパターンがあります。

 

  • ネットから申し込む
  • エポスゴールドカードでインビテーションを待つ

 

エポスゴールドカード同様、プラチナカードでも申し込みかインビテーションかで年会費が変わってきます。

 

 

申し込み

インビテーション

初年度

30,000円

20,000円

2年目以降 年間100万円以上の利用で翌年以降はずっと20,000円(それ以外は30,000円)

20,000円

 

エポスプラチナカードもインビテーションを待った方がお得なのがわかります。

 

ただ、一般的なプラチナカードと違い、申し込みができるのはエポスプラチナカードのメリットです。

 

たいていのプラチナカードはインビテーションのみが基本ですからね。

 

申し込みの場合は年会費が10,000円高くなってしまいますが、プラチナカードをとにかく手に入れたい方は申し込んでもいいかと思います。

 

ちなみにインビテーションの場合、どういった条件でインビテーションが来るのか?

 

エポスプラチナカードについても明確なインビテーションの基準はありません。

 

ただ、年間100万円以上のエポスゴールドカード利用でインビテーションが来るようです。

 

先ほどのエポスゴールドカードのインビテーションに比べるとハードルは上がりますが、狙える人は狙ってみるのもいいでしょう。

 

 

 

エポスゴールドカード、プラチナカードの空港ラウンジ特典情報まとめ

 

エポスゴールドカードとプラチナカードの空港ラウンジ特典について解説してきました。

 

最後に今回の内容をまとめます。

 

  • エポスゴールドカードとプラチナカードがあれば、空港ラウンジが無料で使える
  • 空港ラウンジでは様々なサービスが受けられる
  • エポスプラチナカードなら同伴者料金が1名まで無料

 

また、エポスゴールドカードとプラチナカードの取得条件についても解説しました。

 

エポスゴールドカードとプラチナカードでは

 

  • 申し込み
  • インビテーション

 

この2つの方法でカードを取得することができます。

 

すぐに空港ラウンジ特典を受けたい方は、申し込みでカードを取得してもいいでしょう。

 

ただ、申し込みの場合は、インビテーションの場合よりも年会費が余分に取られるので注意が必要です。

 

もしゆっくり待てるという方は、インビテーションを待ってみてもいいかと思います。

 

その間にエポスカードの充実した特典を味わってみてはいかがでしょうか?

 

後々はインビテーションを受けて、空港ラウンジ特典も利用してみるのもいいですね♪