エポスカード VISA 締め日

エポスカードVISAの不思議|選べる締め日と支払日

 

クレジットカードの利用にあたっては、締め日をしっかり把握して使っていくことが大事です。遅延金などが生じては、ポイントや優待も台無しになってしまいます。

 

…といっても、そう難しいことではないので、きちっと押さえた上でカードを利用しましょう。

 

ではエポスカードの締め日はどのようになっているのか?今回は詳しく解説していきます。

 

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

エポスカードの締め日・引き落とし日は2パターンある

エポスカードは、締め日・引き落とし日について次の「2パターン」を選べるカードです。

 

  • 27日払い
  • 4日払い

 

クレジットカード全般には1つのパターンに固定され変更できないものが多いなか、貴重なシステムといえます。

 

 

パターン1:「27日払い」

 

前月の28日から今月27日までの利用分が、翌月27日の支払いになります。

 

例をあげると、8月28日~9月27日までの利用分を10月27日に払うこととなります。

 

 

パターン2:「4日払い」

 

前月の5日から今月4日までの利用分が、翌月4日の支払いになります。

 

例をあげると、8月5日~9月4日までの利用分を10月4日に払うこととなります。

 

 

この2つのどちらが良いかの判断は、まったく個人によるものです。いずれであっても、締め日&支払日をしっかり把握して使いましょう。

 

 

支払日が休みであったら、どうなるの?

支払い日に金融機関がお休みである場合、「金融機関の翌営業日」が支払い日となります。

 

例として、引き落とし口座として設定した金融機関(銀行など)が「27日、日曜日に休み」であるなら、週明けの28日、月曜日が支払日です。

 

このケースでは26日、土曜日の金融機関営業時間中に、口座に入金しておけば確実です。

 

もちろん、常に余裕のある銀行口座残高としておけば、慌てることもなく、ラクラクです。

 

 

 

エポスカードでは「持参払い」が可能

 

エポスカードでは、「持参払い」が可能です。支払いについて金融機関からの自動引き落とし基本とするクレジットカードも多い中では、変わった特徴といえます。

 

持参払いは、

 

  • エポスATM
  • ロッピー(ローソンのシステム)
  • ペイジー
  • マルイ各店のエポスカードセンター

 

で行えます。

 

自動引き落としを希望するにしても、その設定には1ヶ月~1ヶ月半ほど を要するため(一般的です)、ひとまずエポスカードを作り、当面は持参払いをする形で使っていけます。

 

  • 5日
  • 10日
  • 15日
  • 20日
  • 25日
  • 30日

 

以上の6パターンから、持参払いの支払い日を選べます。

 

今が9~10月であるとして例をあげてみます

5日を選んだ場合では…?

8月6日~9月5日までの利用分は、10月5日が支払い日になります。

 

15日を選んだ場合では…?

8月16日~9月15日までの利用分は、10月15日が支払い日になります。

 

25日を選んだ場合では…?

8月26日~9月25日までの利用分を、10月25日が支払い日になります。

 

こうした支払いパターンとなります。

 

 

 

エポスカードの引き落とし時間はいつ?

金融機関口座からの自動引き落としがなされる時間は、金融機関・各種状況によってユーザー個々に異なります。

 

具体的に何時なのかは、カスタマーセンター+銀行に聞いてみるか、何度か引き落としを経験してみて自身で確認する他ないんですね。

 

とはいうものの、銀行口座に十分な残高があれば、特に「引き落とし時間」に神経質になることもありません。

 

  • 27日払いであれば25日まで
  • 4日払いであれば2日まで

 

といったように早めに入金(あるいは銀行口座残高の確認)をしておけば、引き落とし時間について気にすることはないですね。

 

 

 

エポスカードの支払いが遅れて滞納してしまったら?

クレジットカードにおいて、支払いの滞納はNG行為です。新たにクレジットカードを作るのが困難になったり、程度が多くなると自動車ローン・住宅ローンなども利用できなくなります。

 

「お金そのものはあるのに、銀行口座への入金を忘れてしまっていた!」といったケースでは、

 

  • エポスATM
  • ロッピー(ローソンのシステム)
  • ペイジー
  • マルイ各店のエポスカードセンター

 

を利用しましょう。ひとまずカスタマーセンターに連絡してみるのも良い手段です。

 

支払い日にどうしても現金がなく、支払いができないときですが、支払い日+5日間までは、遅延扱いとならないのがエポスカードです。

 

「4日支払い」であれば、+5日で、「9日まで」に払えば正直大丈夫です。

 

しかしこれは、緊急事態に備えたシステムです。社内的な記録などは残りますので、あくまでも支払い日はしっかり守りましょう。

 

 

 

エポスカードは締め日&支払い日や、引き落とし口座の変更が可能

エポスカードでは、4日払い、27日と二通りの支払い日を選べます。また、多数の銀行からの口座引き落としも可能です。これらの「変更」はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

支払い日変更の仕方

 

支払い日の変更の仕方は

 

  • ネットで変更する(口座振替Net手続きサービスを使う)
  • 郵送で申し込む

 

の二通りとなります。

 

郵送では一ヶ月~一ヶ月半ほどの時間を要します。ネットの場合でも、一律の案内はありませんが、「次の支払いを済ませる前」ぐらいに手続きすると良いでしょう。

 

変更を実行する2ヶ月前ぐらいにカスタマーセンターに相談しておけば万全です。

 

 

口座の変更、持参払いから「口座からの自動引き落とし」への変更について

 

指定口座の変更や持参払いから口座支払いへの変更方法は

 

  • ネットで変更する(口座振替Net手続きサービスを使う)
  • 郵送で申し込む

 

の二通りとなります。

 

やはりこの場合も、郵送では一ヶ月~一ヶ月半、ネットでも余裕を持って2ヶ月前ぐらいからカスタマーセンターに相談しておけば安心です。

 

ちなみにエポスカードの自動引き落としについて、指定可能な口座は、以下のものです(2017年8月現在)。

 

指定可能な口座一覧

ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、千葉銀行、静岡銀行、常陽銀行、青森銀行、秋田銀行、足利銀行、イオン銀行、池田泉州銀行、大分銀行、大垣共立銀行、鹿児島銀行、紀陽銀行、京都銀行、近畿大阪銀行、群馬銀行、京葉銀行、佐賀銀行、滋賀銀行、七十七銀行、清水銀行、十八銀行、十六銀行、新生銀行、親和銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、大光銀行、第四銀行、千葉興業銀行、筑波銀行、東京都民銀行、東邦銀行、栃木銀行、南都銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行、福岡銀行、北海道銀行、北洋銀行、北陸銀行、みちのく銀行、宮崎銀行 、宮崎太陽銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行 、楽天銀行

 

大手銀行、各地方銀行、ネット銀行のほとんどが利用できます。

 

とはいえ日本国内全ての銀行口座に対応しているわけではないので、確認の上、エポスカードの自動引き落としを検討しましょう。